「衆議院議員選挙結果と誇りある日本再生への提言」への所感


 2009年11月28日築城基地研修の際に、福岡県郷友連盟吉田理事長から示された「衆議院議員選挙結果と誇りある日本再生への提言」を拝読し、蒙を啓かれる思いと同時に大いに共鳴を覚える点があったので、その所感を投稿する次第です。
 福岡県郷友連盟の趣旨が「誇りある日本の再生を目指す」ということには私も賛同し、その必要を感じるところです。現在の日本は、「誇り」と「尊厳」を持った国家として再生させなくてはいけないと思われるほど、外には侮りの振る舞いを受け、内にはその世相に混迷を極め、威厳のかけらもありません。その現象として、小は子供たちに陰湿な「いじめ」が蔓延り、それに狼狽するだけで解決できない大人の無能ぶりから、大は、観念的神学論に明け暮れる憲法改正論議や公務員の不正を恥ともしない規律の堕落、また独立国として主権侵害や内政干渉など体面を傷つけられ威厳を保てないような拉致問題、靖国問題、東シナ海の領海問題など政治外交のお粗末さは目を覆うばかりの不甲斐なさです。

(さらに…)

↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります!

衆議院議員選挙結果と誇りある日本再生への提言


第45回衆議院議員選挙は、8月31日に投票が行われました。結果は皆様ご承知の通り、民主党308議席、自民党119議席という、民主党の圧勝で終わりました。福岡県郷友連盟は、郷友政治連盟という政治活動ができる組織でもあるため、隊友会、父兄会とも協同して、選挙の支援態勢を確立して自民党の各候補者を後援して、選挙に臨みました。選挙戦は、民主党の「政権交代」というキャッチフレーズに風が吹き、民主党の圧勝の結果が出ました。民主党のマニフェストで、中学生以下の子供への一律の子供手当ての支給、高速道路の無料化、農家の戸別所得保障、コンクリートから人への政策の下、ダムや道路、空港等予算の凍結、政治主導による官僚政治からの脱却等が自民党の60年間に亘る政治に反感を持っていたテレビ、新聞を始めとするマスコミの反響を呼んだのも事実でした。しかしながら、マニフェストに防衛政策や外交についての表現はありません。旧社会党左派から自民党旧田中派までを含有する民主党の、アキレス腱でもあります。

郷友連盟は、誇りある日本の再生を目指す組織です。国家運営の基本は、尊厳ある日本国家の再建のためには、国益を基本に見据えた外交や日本国の領土を守り、国民の安全を確保する国家防衛が国家運営の第一の基本姿勢だと考えます。

前政府が、米国との間に合意した在日米軍の再編計画は、国家意思の継承という観点からも継承すべきです。普天間基地のキャンプシュワブ沖への移転を白紙撤回しました。更に、総理大臣、外務大臣、防衛大臣の普天間移転に関する発言が異なり、米国との間に物議をかもしています。

又国家の経済は、国家運営の最も重要な事項です。民主党政府の概算要求は90兆円を超え、経済情勢の悪化から税収は40兆円を割り込む状況です。自民党政権のツケがあったとはいえ、日本の経済を立て直す予算編成ではありません。

誇りある日本の再生を目指す郷友連盟としては、日本の独立を保障する日米同盟を更に強固なものにするため、政府として具体的な方策を確立し、アジア共同体という意味不明な発信ではなく、対中国、対北朝鮮、対東南アジア政策を具体化し、アジアの中における日本の政治、経済、軍事面の立場を明確にした政策を発信すべきと考えます。

聞き心地の良いアメ色発信だけでは、東シナ海ガス田開発や尖閣諸島に対する中国船の調査活動、更には沖縄諸島に対する中国海軍の領海侵犯等に対して効果は無く、放置すれば中国に日本の領土を侵犯される結果になると憂慮するものであります。

どの政党が政権を担当しても、現状の世界の政治・経済情勢の中で、日本だけが立ち直り国家を繁栄させることは困難な状況にあります。この中にあって、国家の尊厳を維持する外交政策、混迷する西側諸国のアフガニスタン軍事支援政策、テロとの戦い等においての日本の貢献のあり方、又国内経済の建て直し、300万人と言われる若者の非正規雇用の解消のための政策を、政府全力をあげて確立し強い信念のもとに実行してもらいたいと願う次第です。郷友福岡を購読されている皆様は、如何お考えでしょうか。

以上

福岡県郷友連盟 吉田邦雄

↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります!

動き出した軍人墓地の管理(国の責任で管理すると大臣明言)


4月24日、参議院決算委員会において衛藤晟一参議院議員が質問に立ち、福岡の陸軍墓地(※注)の例を上げ、かっての占領政策の一環で戦没者追悼についての一切の法令、制度が破壊された結果、明治維新から日清・日露、大東亜戦争に至る国内82ヶ所の軍人墓地の管理は地方自治体に丸投げされた状態で、その多くが荒廃していることを指摘。改めて国家として管理すべきではないかと追求した。

舛添厚労大臣は、「大きな意味での戦後処理での一環ですから、これは関係省庁と連携を取りながら、国の責任としてきちんと管理していきたいと思っております」と応えた。また、衛藤議員は遅々としか進んでいない海外の遺骨収集についても質した。
(以上、「祖國と青年」記事抜粋)

陸軍墓地修復落成式
修復を完了した骨壺霊園

(※注)福岡県陸軍墓地(谷陸軍墓地)は現在、国有地として財務省理財局の所管で戦後、軍所有の土地や施設は国有財産法に基づいて、国の一般財産として大蔵省に移管されている。また昭和44年、大蔵省は福岡市の谷陸軍墓地を福岡市に対して無償貸付、管理者は福岡市市役所(公園部分:福岡市中央区役所、墓地部分:福岡市保健福祉局)と契約を結んでいる。

谷陸軍墓地は福岡県郷友連盟主催で毎年10月、慰霊祭を実施している。平成17年の福岡県西方沖地震での被害により、石碑や骨壷に重大な被害があり、地元有志で陸軍墓地石碑修復改良委員会が設立され、有志団体、個人の浄財で平成20年11月に修復完了、翌12月6日に福岡陸軍墓地修復落成式が挙行された。衛藤晟一参議院議員はこの現状について国、県、市の管理責任並びに英霊に対する国の責任を問うたものである。

福岡県郷友連盟会長
中野純人

↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります!

郷友福岡 入会案内

福岡県郷友連盟の会員構成は、以前は旧軍人が主体でしたが、平成に入ってからは幅広く「志ある国民」に呼びかけ、郷友連盟の信条活動に賛同される方々と「誇りある日本の再生」を目標とした国民運動を共に展開する為、新規会員の勧誘を行っています。

職業、年齢、性別一切問いません。祖国再生のため、小さな取り組みを始めて下さる方、お待ちしています。

会員になる!

おすすめ

かざぐるま


yuseido.jpg


sekikagu-banner.png


自らの身は顧みず
4898311288
田母神 俊雄


誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係
photo


神武天皇東征記 CD版電子書籍

「神武天皇東征記 CD版電子書籍」は「誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係」の写真カラーバージョンです。希望される方はinfo@fukuoka.goyu.jpまで郵送先をご連絡下さい。郵送料込み1,000円でお渡しいたします。


メールアドレスをお持ちの会員の皆さまへ! 会員の方々で双方向の情報交換を目的として「郷友福岡ネット」を立ち上げております。登録を希望される方は info@fukuoka.goyu.jp までご連絡下さい。


日本の核論議はこれだ―新たな核脅威下における日本の国防政策への提言
郷友総合研究所

4886563171

関連商品