中学校教科書の採択について(議員へ依頼)


平成23年7月27日

福岡県議会、市議会議員  殿

福岡県郷友連盟会長

 平成24年度から使用する中学校教科書の採択について(お願い)
 各議員の皆様には日頃から福岡県郷友連盟の活動に対するご理解とご支援を頂きありがとうございます。「誇りある日本の再生」を目指すため、引き続き皆さまのご協力を得て日本の真の再生に尽力したいと考えております。
 さて、標題の中学校教科書採択問題ですが、福岡県内の現在の中学校教科書(歴史・公民)は自虐史観を優先する教科書が多く使用されています。
 また、平成18年に教育基本法が改正され、文科省による初の検定結果が3月発表(7社)されて平成24年度から使用される中学校教科書選定の最終段階として、各地の教育委員会による「採択」作業が行われています。
 一度採択されるとその教科書が教育委員会管内の中学校で4年間使用されることとなります。
 予定では採択時期は8月末と期限は迫っております。(県外では既に採択を決定した教育委員会もあると伺っております。)
「日本の誇るべき歴史・文化・伝統を後世に伝える。」目標を持つ福岡県郷友連盟では、この教科書採択について座視することができず、教科書展示会で7社の教科書を精査し、その評価を元に先日7月7日付で県内の全教育長宛に添付の要望書を提出いたしました。
 当連盟の評価の結果は新教育基本法と学習指導要領に準拠した内容となっている教科書は、自由社と育鵬社の2社のみでした。

 しかし、61箇所に宛てた要望書に対する返信は現時点では皆無です。
 このような福岡県内の状態では自虐史観を優先する教科書が今回も多数の教育委員会で採択されかねません。
 このような状況を危惧しまして、日頃から我々の活動をご理解、ご支援いただいている議員の皆さまに最後のお願いをすることといたしました。
 教科書採択の権限は各教育委員会にあります。将来の日本の宝である子供たちに正しい歴史観、国家観が持てるような自虐史観のない教科書を採択してもらうよう各教育委員会に呼び掛けて頂きたくお願い申し上げます。   

以上

添付資料:「平成24年度から使用する中学校教科書の採択について(要望)」

一押し協力願います
↓↓ ↓ ↓↓↓↓

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります!



この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

郷友福岡 入会案内

福岡県郷友連盟の会員構成は、以前は旧軍人が主体でしたが、平成に入ってからは幅広く「志ある国民」に呼びかけ、郷友連盟の信条活動に賛同される方々と「誇りある日本の再生」を目標とした国民運動を共に展開する為、新規会員の勧誘を行っています。

職業、年齢、性別一切問いません。祖国再生のため、小さな取り組みを始めて下さる方、お待ちしています。

会員になる!

おすすめ

かざぐるま


yuseido.jpg


sekikagu-banner.png


自らの身は顧みず
4898311288
田母神 俊雄


誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係
photo


神武天皇東征記 CD版電子書籍

「神武天皇東征記 CD版電子書籍」は「誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係」の写真カラーバージョンです。希望される方はinfo@fukuoka.goyu.jpまで郵送先をご連絡下さい。郵送料込み1,000円でお渡しいたします。


メールアドレスをお持ちの会員の皆さまへ! 会員の方々で双方向の情報交換を目的として「郷友福岡ネット」を立ち上げております。登録を希望される方は info@fukuoka.goyu.jp までご連絡下さい。


日本の核論議はこれだ―新たな核脅威下における日本の国防政策への提言
郷友総合研究所

4886563171

関連商品