李登輝元総統表敬と旧き良き日本に出会う!


 福岡県郷友連盟が主催しました「台湾親善訪問の旅」が平成24年12月10日から12日の間、二泊三日で実施されました。
 目的は「李登輝元台湾総統表敬と旧き良き日本(台湾)に出会うこと」でした。
 
 本計画の切掛けは、福岡県郷友連盟の会員でもあり、福岡李登輝友の会・台湾研究会事務局長の永嶋直之氏の進言で、「李登輝さんは『自衛隊OBの皆さんと是非お会いしたい』と希望されています。」とのお誘いからでした。
 早速、福岡県郷友連盟の友好団体等に計画を呼び掛けたところ、自衛隊OBは田母神元空幕長はじめ、元陸将補1名、元空将補2名、元空佐1名、予備自衛官1名他、協力団体の皆さまが集まっていただき、ご夫妻同伴を含め総勢32名の大訪問団となりました。
 出発は12月10日で出発地は福岡(26名)、大阪(1名)、東京(5名)の3箇所ですが全員が台北の桃園空港で合流し、専用バスで台北郊外の淡水に移動し、予定時間15時から第一の目的でもある李登輝元総統を表敬することができました。
①李登輝閣下記念品贈呈.JPG
②李登輝閣下贈呈写真.jpg

訪問団から李元総統に贈呈した写真


 李元総統は前日までは、体調不調で、一週間ほど休んでおられたそうですが、我々の訪問団に会うために、気力で回復されたようです。しかも、89歳とは思えぬほどの熱弁スピーチ並びに質疑応答を我々のために流暢な日本語で2時間の予定を30分延長してまで実施していただきました。
 「私は22歳まで日本人でした。それは私の誇りです。」と紹介された後、日本の現状を憂いて頂き、「早く日本人は誇りを取り戻して下さい!」と懇願されました。
 参加者一同、涙に咽びながら、日本人として頑張らなければと誓い合いました。
 ③李登輝表敬集合写真.jpg

李元総統を囲んでの訪問団記念写真


李登輝元総統講話の要旨
李登輝元総統との質疑応答
 1日目の夕食は台北市内のホテルで台湾料理をいただきながらの親日家の蔡焜燦氏のグループの方々と交流・会食いたしました。蔡焜燦氏は李登輝元総統の友人でもあり、司馬遼太郎の「台湾紀行」の現地案内をされた方だそうです。大変日本語が流暢で、日本の歌や軍歌を何曲も披露してもらいました。
④蔡焜燦氏と.jpg

右が蔡焜燦氏


 2日目は台北から日本製の新幹線に乗り、台南まで行き、専用バスで『飛虎将軍廟』を参詣し、昼食後、赤嵌楼見学経由で烏山頭ダムで有名な八田與一祈念公園見学、墓参しました。
 その後、嘉義まで移動し、神様になった警察官森川清次郎が祀られる富安宮参詣しました。
 ⑤飛虎将軍廟.jpg

飛虎将軍廟


⑥八田與一像.jpg

八田與一像の左は同姓の八田氏


 ⑦森川清次郎神像.jpg

森川清次郎神像と田母神氏


 その後、台中のホテルまで移動し、ホテルで二日目の懇親会。戦前、高座郡で現在の厚木地区で戦闘機製造に携わった高座会の方々と広東料理を楽しみました。
僅か2日間の台湾旅行、親日の台湾の人々とのお付き合いですが、明治以降の台湾併合から大東亜戦争終戦までに尽力した日本の偉人が大勢いたということと、その統治は素晴らしかったと思われている台湾人が多数おられる事実を目の当たりにしました。
 高座会の皆さんと(2列目5名).jpg

高座会の皆さん(2列目の5名)

  
 最後の3日目は台中から再度新幹線に乗り、台北に到着、最後の訪問地、台北の郊外にある三芝郷にある明石総督墓地を参拝しました。小雨模様でしたが、第7代台湾総督に着任した明石大将は大正8年、公務の為本土へ渡航中の洋上で病となり郷里の福岡で死去しました。「もし自分の身の上に万一のことがあったら必ず台湾に葬るように」との遺言によって、遺骸は福岡から台湾にわざわざ移され、台北市の三板橋墓地に埋葬され、事後、現在の地に改葬されています。この小雨は明石大将の台湾の思いと任地半ばに倒れた無念さの明石大将の涙であるように参加者一同は感じました。
 明石総統の墓.jpg

明石元総統の墓


 その後、台湾市内で最後の昼食をとり、それぞれ、各飛行場から日本への帰途に就きました。1日目の李登輝元総統の「早く日本人は誇りを取り戻して下さい!」とのお言葉が日本人として身に染みた旅行でもありました。
 皮肉にも、我々の帰国の12日に北朝鮮が大陸間弾道ミサイル発射実験をやり、16日には衆議院総選挙投票で自民党が圧勝しました。李登輝元総統のお言葉の重要性を強く感じた次第です。
 最後に、参加者の感想等掲載いたします。参加者全員が異口同音に、意義ある旅行であったと綴られております。
田母神氏の感想(ブログ)
参加者の感想
吉田団長お礼の言葉

文責:稲葉
一押し協力願います
↓↓ ↓ ↓↓↓↓

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります!



この記事へのコメント

  1. 守山善継 より:

    李閣下の講話を拝見して思うことは、国のリーダーには、政策立案や行政手腕等の頭脳的な能力も要求されるのでしょうが、精神力もまた不可欠であると言うことです。精神力あっての経綸ではないでしょうか。映画「ランボー」のセリフにあるように最大の武器は「精神力」というのも一面の真理でしょう。
     李閣下の腹のすわりを感じる時、戦後政治家と歴代総理に突き付けたい言葉は「気力に欠くるなかりしか」(海軍兵学校「五省」)です。
     人種、民族は違えその人間の持つ気迫、迫力というのが物を言うのは、山本権兵衛の伝記を読めばよく分かります。

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

郷友福岡 入会案内

福岡県郷友連盟の会員構成は、以前は旧軍人が主体でしたが、平成に入ってからは幅広く「志ある国民」に呼びかけ、郷友連盟の信条活動に賛同される方々と「誇りある日本の再生」を目標とした国民運動を共に展開する為、新規会員の勧誘を行っています。

職業、年齢、性別一切問いません。祖国再生のため、小さな取り組みを始めて下さる方、お待ちしています。

会員になる!

おすすめ

かざぐるま


yuseido.jpg


sekikagu-banner.png


自らの身は顧みず
4898311288
田母神 俊雄


誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係
photo


神武天皇東征記 CD版電子書籍

「神武天皇東征記 CD版電子書籍」は「誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係」の写真カラーバージョンです。希望される方はinfo@fukuoka.goyu.jpまで郵送先をご連絡下さい。郵送料込み1,000円でお渡しいたします。


メールアドレスをお持ちの会員の皆さまへ! 会員の方々で双方向の情報交換を目的として「郷友福岡ネット」を立ち上げております。登録を希望される方は info@fukuoka.goyu.jp までご連絡下さい。


日本の核論議はこれだ―新たな核脅威下における日本の国防政策への提言
郷友総合研究所

4886563171

関連商品