芦屋基地研修参加者の感想


【堀本正文 様】
 今日の展示飛行、いずれも胸熱でしたね。
 とりわけ、堀本的には、F2あげあげな解説入りの展示飛行。グッと来ましたね。
もっともっと注目されても良い機体だと思うし、NCWの実装も精力的にやってよいと思いましたね。それから、T-4のピトー管。今日は格納庫で目の前で見ることができて良かった。… そして、最高胸熱は、UH-60JとU-125Aの救難飛行展示。
 行きのバスの中でもお話しましたが、救難はとても重要なミッションです。
 今日の展示飛行でもUH-60Jの超素晴らしいホバリング。その周辺を周回飛行するU-125A。
 戦時の救難ではその周辺を護衛の戦闘機や艦艇が救難を護衛する。平時あっても彼らの出動は実戦なのです。要撃(スクランブル)も実戦なのですが、惨事を起こさないように相手を鎮圧抑止することが第一の目的に対して救難はすでに災難が起こっているわけで、それ故に侮れない任務であると熱く思います。
 1機のジェット戦闘機を飛ばすためには70〜80人スタッフが直接関与している。と聞いたことがあります。誰もが誰かのために、という気持ちはどこでも重要ですね。
 ブルーインパルスの曲技飛行の最初から最後までを観ていて、その飛行技術のすごさもさることながら、徹底した形式美の追求を含めた集団的な美学の追求は精神的な強さにつながっていると思いました。

 自衛隊という閉じてなんでも出来る組織を知れば知るほど、一般社会においても仕事というものに貴賎はなく、誰もが誰かのために無駄なことなど無く仕事をしているんだ。ということがよく分かります。
 一見無駄が多そうでもそれにはその理由があるんですね。
ということを今の就活をしている若い人達に知ってもらいたいですね。
 自衛隊員にならなくとも社会のために働くという心がけが備わるだけで随分と物の見方は変わってくると思うのです。

【竹下直美様】
 今日は寒さも吹き飛ぶ素敵な飛行を見せていただきありがとうございました。
 マイクロバスでブルーインパルスを間近に見たり(行きがけにご説明いただいた1mの管も見えました!)、吊り上げ吊り下げ体験も堪能して大満足の1日でした。
 私でもスルスルと吊り上げで下さるのは隊員の皆様の日頃の訓練の結果なのですよね。あれは子供だけでなく大人が参加してこそ有り難みがわかると思いました。

【板花たか子様】
 とても感動しました。
 たしかに、寒かった、しかし、それをも耐えれる、ショーでした。また、行きたいです。
 郷友連盟のみなさま、ありがとうございました。

↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります!



この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

郷友福岡 入会案内

福岡県郷友連盟の会員構成は、以前は旧軍人が主体でしたが、平成に入ってからは幅広く「志ある国民」に呼びかけ、郷友連盟の信条活動に賛同される方々と「誇りある日本の再生」を目標とした国民運動を共に展開する為、新規会員の勧誘を行っています。

職業、年齢、性別一切問いません。祖国再生のため、小さな取り組みを始めて下さる方、お待ちしています。

会員になる!

おすすめ

かざぐるま


yuseido.jpg


sekikagu-banner.png


自らの身は顧みず
4898311288
田母神 俊雄


誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係
photo


神武天皇東征記 CD版電子書籍

「神武天皇東征記 CD版電子書籍」は「誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係」の写真カラーバージョンです。希望される方はinfo@fukuoka.goyu.jpまで郵送先をご連絡下さい。郵送料込み1,000円でお渡しいたします。


メールアドレスをお持ちの会員の皆さまへ! 会員の方々で双方向の情報交換を目的として「郷友福岡ネット」を立ち上げております。登録を希望される方は info@fukuoka.goyu.jp までご連絡下さい。


日本の核論議はこれだ―新たな核脅威下における日本の国防政策への提言
郷友総合研究所

4886563171

関連商品