日本海海戦104周年記念大会に参加して


平成21年5月27日福岡市東区筥崎宮及び博多湾において日本海海戦104周年記念大会並びに彼我戦没者海洋殉職者慰霊平和祈念式が行われました。
福岡県郷友連盟は本大会の協賛・協力団体として県本部から中野会長、山崎副会長、木原理事、福村理事及び間監事が参加し、また、飯塚支部および他の支部からも会員多数が参加しました。
記念行事は、午前10時から筥崎宮御本殿において記念祭典が筥崎宮田村宮司ほかの神官によって執り行われ、続いて記念式典が厳かに行われました。我が中野会長は本大会運営の副理事長として、明治43年東郷元帥が当会に寄せられた式辞の代読という務めを果たしました。

※日本海海戦の意義

祝宴に続いて午後は博多港中央埠頭へ貸し切りバスで移動し、海上自衛隊護衛艦「利根」に乗艦して体験航海を兼ねて震災から復興した玄界島の沖の洋上で追悼式が海上自衛隊側の執行により行われ、日本海海戦における彼我戦没者並びに貿易・漁業等における海洋殉難者の偉功を称え、御霊への感謝と鎮魂の誠が捧げられました。
今年の洋上追悼式は、海上自衛隊艦艇の海外派遣の事情もあり2,000トン級護衛艦1隻のみで行われ、乗艦券が入手できなかった若い男性が移動バス発車寸前に「毎年必ず洋上追悼に参加してきたのに献花ができないとご先祖に申し訳ない」と乗艦券を譲ってくれる人を探し、その気持ちを汲んで譲る人が現れるという一コマもありました。
若くても真剣に英霊を顕彰し続ける人がいること、気持ちよくそれを適えさせる人がいることを目の当たりにして心温まる想いがしました。
(記述:間)

↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります!



この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

郷友福岡 入会案内

福岡県郷友連盟の会員構成は、以前は旧軍人が主体でしたが、平成に入ってからは幅広く「志ある国民」に呼びかけ、郷友連盟の信条活動に賛同される方々と「誇りある日本の再生」を目標とした国民運動を共に展開する為、新規会員の勧誘を行っています。

職業、年齢、性別一切問いません。祖国再生のため、小さな取り組みを始めて下さる方、お待ちしています。

会員になる!

おすすめ

かざぐるま


yuseido.jpg


sekikagu-banner.png


自らの身は顧みず
4898311288
田母神 俊雄


誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係
photo


神武天皇東征記 CD版電子書籍

「神武天皇東征記 CD版電子書籍」は「誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係」の写真カラーバージョンです。希望される方はinfo@fukuoka.goyu.jpまで郵送先をご連絡下さい。郵送料込み1,000円でお渡しいたします。


メールアドレスをお持ちの会員の皆さまへ! 会員の方々で双方向の情報交換を目的として「郷友福岡ネット」を立ち上げております。登録を希望される方は info@fukuoka.goyu.jp までご連絡下さい。


日本の核論議はこれだ―新たな核脅威下における日本の国防政策への提言
郷友総合研究所

4886563171

関連商品