この笑顔が日本を救う 麻生総理を激励 中野会長役員有志一行、首相官邸を訪問


麻生総理を訪問激励

3月23日(月)福岡出身総理として未曾有の経済危機、混迷する政局、逼迫する北朝鮮問題など国家の威信を一身に担い命がけで奮闘されている麻生総理を訪問激励した。麻生事務所で、中野会長から郷友連盟一行が激励の言葉を記した色紙を、また佐藤僖良子理事からは「着物使節団」として世界百カ国を履歴訪問した際の感想を添えた激励文を、それぞれ秘書を通じて総理に進呈した。分刻みで行動する日程の合間を縫ってわずか数分の時間とはいえ官邸内で親しく歓談できたことは麻生総理、筆頭秘書官野田氏と昵懇の関係にある福井理事の努力で実現したものである。一行はすべての人が、テレビや新聞では見たことのない周囲を明るくするすがすがしい晴れ晴れとした笑顔に魅せられ、スッカリ麻生ファンになってしまったようだ。
一行は翌24日(火)防衛省を見学、その後靖国神社に参拝した。

総理激励の旅に参加して
理事 橋田文也

3月23日、福岡県郷友連盟、中野会長以下理事と会員合わせて10名は福井理事のお世話で桜の蕾が膨らんだ、福岡空港より定刻より20分遅れで離陸したANA246便で東京に飛び立った。

定刻より少し遅れて11時3分に第2ターミナル56番ゲートに着いた。東京は気温12℃で肌寒く薄日が差していた。モノレールで浜松町駅よりタクシーに分乗して永田町の第1衆議院会館で麻生総理の秘書の野田友視氏に出迎えを受け2Fの所狭しと書類や写真や置物がある5坪の部屋に案内され荷物を置き、持参した総理への「激励文」を会長より野田秘書に手渡して、議員会館B1Fの食堂に案内され幕の内弁当を御馳走になった。食後150m程の地下の連絡道を通り国会議事堂へ向かい1920年から17年の歳月をかけ当時の建築技術の粋を結集して、内部は国産の大理石で造られた堂々とした議事堂内を赤い絨毯を踏み見学した。
中央玄関広間には伊藤博文、板垣退助、大隈重信の銅像が三方に立っており中山忠彦、奥谷博画伯の大きな絵も掛けてあった。役員連絡室や幹事長室、理事会室や本会議場を見学し150m先の首相官邸へ向かった。

厳重なセキュリティチェックの後TVで御馴染みの110席の記者会見室を出てロビーでエレベーターを降りて来られた総理とお逢いでき「福岡から激励に来た旨をお答えすると満面の笑みを浮かべ」会員の麻生さん(ご親族)と握手を交わされていた。スマートで並外れた体力と胆力の総理は優れた閣僚の衆知で国政は旨くいくと思った。

翌日24日は8時45分、尾張藩上屋敷5万坪の市ヶ谷に建設された防衛省を広報課井上氏の案内で見学した。特に旧陸軍士官学校講堂、1945年東京裁判の法廷として使用された建物は記念館として保存されていた。65年前グアム島で戦死した私の親族も参謀としてこの市ヶ谷台への坂道を歩いていたと思うと感無量だった。
昼食は皆でグランドヒル市ヶ谷でとり13時30分より靖国神社に参詣し「我が國の為につくせる人々の名も武蔵野にとむる玉垣」の和歌が心に焼付いた。尊い命を捧げられ日本民族を守ってこられた英霊の事跡や遺品が展示してある遊就館を参拝し18時のANA265便で福岡着19時55分現地解散。

今回の旅は郷友連盟ならではの有意義な試みでトラブルもなくすべて順調だったことを報告し福井理事と幹事の方へお礼申し上げます。

↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります!



この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

郷友福岡 入会案内

福岡県郷友連盟の会員構成は、以前は旧軍人が主体でしたが、平成に入ってからは幅広く「志ある国民」に呼びかけ、郷友連盟の信条活動に賛同される方々と「誇りある日本の再生」を目標とした国民運動を共に展開する為、新規会員の勧誘を行っています。

職業、年齢、性別一切問いません。祖国再生のため、小さな取り組みを始めて下さる方、お待ちしています。

会員になる!

おすすめ

かざぐるま


yuseido.jpg


sekikagu-banner.png


自らの身は顧みず
4898311288
田母神 俊雄


誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係
photo


神武天皇東征記 CD版電子書籍

「神武天皇東征記 CD版電子書籍」は「誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係」の写真カラーバージョンです。希望される方はinfo@fukuoka.goyu.jpまで郵送先をご連絡下さい。郵送料込み1,000円でお渡しいたします。


メールアドレスをお持ちの会員の皆さまへ! 会員の方々で双方向の情報交換を目的として「郷友福岡ネット」を立ち上げております。登録を希望される方は info@fukuoka.goyu.jp までご連絡下さい。


日本の核論議はこれだ―新たな核脅威下における日本の国防政策への提言
郷友総合研究所

4886563171

関連商品