春日基地研修会参加者から寄せられた書簡


拝啓

私は、昨日6月26日に貴連盟主催の航空自衛隊春日基地の研修に参加させていただきました。その際、解散時の挨拶で感想文を望む旨のお話がありましたので、記憶の新しいうちに愚文を送付させていただきます。

まず、第一印象として現場で感じましたのは、基地内の隊員諸氏の顔つきを見て、「職業は顔をつくる」と言われているのは本当だということでございました。私の職場は、若い世代を客層に狙いを定めたところですので、当然のことながら、若い人たちが中心となって働いております。その私の職場の若者と、基地内での若者の間には、その彼らのもつ雰囲気の中に明らかな違いを感じました。それは「張り」と「元気」の有無です。私には、私の職場の若者が始業前や裏で見せる彼らの本音の顔の中に一種の疲れを常に見ております。

それは恐らく彼らの仕事の中に「誇り」や「やり甲斐」といった自らの心を奮い立たせるものを見いだせないからでしょう。対照的に基地で出会った隊員の若者達には「大切な仕事をやっている」という誇りと納得があると感じました。

空港で、ヘリコプターや練習機の説明をしていただいたパイロットや整備士の言葉や態度に「落ちつき」と「切れ」を感じたのは、私一人ではなかったのではないでしょうか。それはビデオの中で紹介されていた「自分の仕事が大切なものであり必要なものとして頼りにされている」という自覚からくるものであろうと思います。

また、会社員の私からは、自衛隊は明らかに実行組織として、現場の人間が活力を持っている点が、羨ましくもあり、官僚化しつつあると言われながらも、まだまだ大丈夫であろうと思いました。民間では、ここ10数年来、現場での卓越した専門家になろうという若者が、めっきりと減少し、ネクタイをしめて管理部門へと志向するものが多くなり、組織が明らかに中央官庁型への体質を強めており、これが、長期的には好ましいとは思われず、小才と要領のいい者が有利な状態となり、現象的にも、意識や心理的にも弊害を、ジワジワとかもし出しているのだと思います。それは現実論より観念論に走りやすく、口は立っても腕が立たないという好ましくないケースが増えています。

次に、福岡という地に住んでいても、その福岡のもつ歴史や文化の足跡、経緯、そしてそれにまつわる物語というのを意外と知らないものだということを実感致しました。

移動通信隊見学のあと、広報の江口一尉が、紹介された、アメリカ軍が使用していた際の施設として残っている射撃場のコンクリート壁は、一見何でもないようですが、私には歴史を肌で感じさせられる一コマでした。また、江口一尉のブリーフィングによって、基地の規模を視覚的に示され、また、その他の現状説明により、戦略空間といったものも実感できました。それは机上の知識にすぎなかったものが、専門家の肉声によって実感的な感覚を帯び、ついては知識欲旺盛な20代、30代の若者にも教養の一環として附することはできないものだろうかという印象を持ちました。

と言いますのも、私共戦後生まれは、学校教育では日教組による罪悪史観、反軍思想による刷り込み教育を受けますので、それから脱却して正常な常識と教養を有するまでには相当の自己啓発を必要とするように思います。その自己啓発や「ちょっと違うのではないか」といった疑問は、海外での生活を経験するなどの生活環境の変化を味わうか、「教えられている自国の側面」を知らしめることによって覚醒するものだと思います。現在社会一般的に自衛隊への関心が薄い中でも、自衛隊への興味や親しみを持つ若者も少なくないでしょう。そうした若い人々へ知らしめる活動を考えられる必要もあるのではないだろうかと思った次第です。

更には参加された方々も、さすがに関心の高い方々でしたので、数々の質問も、それぞれ興味のある事柄を尋ねておられ、隊員とのやり取りも活発でございました。そのような質疑のやり取りを見つつ、私が感じたことでもあり、また、実現可能なら是非叶えていただきたい希望でもあるのですが、自衛隊関係者の方に、もう少し、アカデミック、学術的な質問をさせて戴いて、それにお応えいただくといった研修会ができないであろうかということです。そのような機会があれば是非、会社の若い後輩を誘って参加してみたいと思います。アカデミズム的な性格を有する研修には若い世代も意欲的だろうと思います。

私は、若い頃、海外におりまして、高校のカリキュラムの中に「国防」というのが課されているのを知り、非常に驚いたことがあります。その後、日本に帰って来てからは、日本人の関心と話題が経済と文化しか取り上げないのに再び驚いたものです。まるで、隔離された別世界という気がし、大丈夫なのかと思ったものです。

最後に私も戦前教育を受けられた方々の目から見ると、気骨のない世代ですが、その私の目に映る母国日本は、明らかに健全とは言えないように思います。一介の弁護士や犯罪タレントが自治体の首長になり、またそれを深慮なく支持する国民の感覚と素養、そしてマスコミといった皮相的な堕落もさることながら、次期首相を狙おうかという野党の代表が「日本は日本人だけのものではない」と堂々と発言するなど、「この人はまともであろうか」と疑わざるを得ず、その見識に憂慮せざるを得ない自壊の可能性や謀略を心配させられます。

国政を司ろうかという要路の人間が、こうした「安全保障とはこういうものだ」「民族の独立とは何か」「国家の歴史の重みとはどういうことか」「民族の気概、誇り、そして自信とは何か」といった素養、哲学が欠落して、「友愛」とか「国連中心主義」などと言った観念的なロマンティズムに傾倒するなど、外国のリーダーにはない低能さを出して恥としないところが、日本人が感覚的平衡を失している証拠で、これは笑って済ませられることではありません。自らを認めるアイデンティティーが消滅しつつあるのかもしれません。

ましてや、世界に伍していくことが、好むと好まざるとにかかわらず、日本の宿命であろうと私は思います。その宿命をまかせられる政治家が、日本には数えられるほどにもいないのではないでしょうか。それは、政治家のみが悪いのではなく、「見る目がない」「考える力が乏しい」といった低い素養の国民にも責任はあります。ならば、国民の素養を高める機会を提供する活動を、貴連盟には期待できるのではないだろうかという印象でした。

自らの拠り所を養うと同時に、異種異論も理解できる素養を醸成できる、そのような可能性を貴連盟に望みます。

敬具

平成21年(2009年)6月27日
福岡市南区 Mさん

↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります!

日本海会戦の意義


明治38年(紀元2565年、西暦1905年)、対馬海峡で日本の命運をかけた日露の大海戦が行われた。

そもそも日露戦争は、超大国帝政ロシアの極東侵略に対して、当時いまだ無名の一小国に過ぎなかった日本が、国家の総力をあげ、死力を尽くして戦いぬき、ついに島国日本を不敗の態勢に作りあげて、ロシアの継戦意図を放棄させた戦いであった。

明治37年10月15日、ロシアのロジェストウェンスキー中将率いる増遣艦隊は日本攻撃のため母港を発進した。明治38年5月27日午前2時30分、五島列島西方水域にて警戒中の仮装巡洋艦信濃丸が、バルチック艦隊を発見した。これを迎え撃つ東郷平八郎司令長官以下、日本海軍連合艦隊は『敵艦ミユトノ警報ニ接シ連合艦隊ハ直ニ出動コレヲ撃滅セントス、本日天気晴朗ナレドモ波高シ』の電報を発し、午前6時、沖ノ島北方海域に進出を終え、北上するバルチック艦隊の出現を待っていた。午後1時39分、日本連合艦隊主力は、南西約13キロメートルにバルチック艦隊を望見した。東郷司令官は、敵の左側列先頭から撃破しようと、艦隊を西進させつつ、午後1時59分旗艦『三笠』のマスト高く「皇国の興廃此の一戦に在り、各員一層の奮励努力せよ」の信号『Z旗』が掲げられた。

この信号は、およそ二百年前に英国の存亡をかけたトラファルガー海戦で、名提督ネルソンが、旗艦『ビクトリー号』に掲げた信号「英国は各員がその職務を尽くすことを期待する」とともに、世界的に有名になった信号である。

このZ旗を掲げ、全員決意を新たにし、進撃すること10分、敵との距離8キロメートルにおいて、突如左大回頭が発令された。いわゆる『東郷ターン』が敢行され、日本海海戦の火ぶたは切って落とされた。激戦1時間すでに戦勢はきまり、ロシア側の被害は、順次後続の諸艦に拡大し、各艦とも火災に悩まされていった。

5月27日、5時間に及ぶ海戦で、ロシア側の頼みとした、新鋭戦艦5隻のうち4隻が沈没し、残った戦艦『アリヨール』も大破し、その他諸艦も大損害を蒙る惨状となった。

ほとんど無傷に近い日本艦隊に対して、38隻のロシアバルチック艦隊は、26隻が捕獲又は撃沈された。これにより日本海海戦は、日本側の完全大勝利をもってその幕を閉じた。

この日本の勝利が海外にあたえた影響は大きかった。小国日本が大国ロシアの南下をくいとめ、独立を確保したことは、中国の孫文やインドのネルーをはじめとして、アジアの諸国民に自信をあたえ、トルコ・エジプト・ポーランド・フィンランドなどに独立運動が巻きおこるきっかけとなった・今日、国際連合には多くの独立国の国旗がひるがえっている。(以上、当日の配布パンフから抜粋)

Z旗
左の旗が「Z旗」

「日本海海戦104周年記念大会に参加して」の記事へ戻る

↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります!

郷友福岡 入会案内

福岡県郷友連盟の会員構成は、以前は旧軍人が主体でしたが、平成に入ってからは幅広く「志ある国民」に呼びかけ、郷友連盟の信条活動に賛同される方々と「誇りある日本の再生」を目標とした国民運動を共に展開する為、新規会員の勧誘を行っています。

職業、年齢、性別一切問いません。祖国再生のため、小さな取り組みを始めて下さる方、お待ちしています。

会員になる!

おすすめ

お仏壇のはせがわ


かざぐるま


yuseido.jpg


sekikagu-banner.png


集広舎リンクバナー


自らの身は顧みず
4898311288
田母神 俊雄


誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係
photo


神武天皇東征記 CD版電子書籍

「神武天皇東征記 CD版電子書籍」は「誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係」の写真カラーバージョンです。希望される方はinfo@fukuoka.goyu.jpまで郵送先をご連絡下さい。郵送料込み1,000円でお渡しいたします。


メールアドレスをお持ちの会員の皆さまへ! 会員の方々で双方向の情報交換を目的として「郷友福岡ネット」を立ち上げております。登録を希望される方は info@fukuoka.goyu.jp までご連絡下さい。


日本の核論議はこれだ―新たな核脅威下における日本の国防政策への提言
郷友総合研究所

4886563171

関連商品