活動報告

平成26年度の福岡陸軍墓地慰霊祭が催行されました!

①国旗掲揚.jpg

国旗掲揚
 福岡市谷公園にある福岡陸軍墓地の平成26年度の慰霊祭は、10月19日(日)午前11時から福岡県郷友連盟主催で、しめやかに、且つ厳粛に執り行われました。
慰霊祭は、昨年と同様青空の天気の下、ご遺族、国会議員、県会議員、市会議員、陸上・航空自衛隊指揮官、友好団体代表者、自衛隊員、協賛団体代表者、福岡県郷友連盟会員、他一般市民の老若男女の皆様、今までの慰霊祭の最高人数(約200名)の方々が参列されました。
 ④参列者.jpg
参列者
 また、今年も福岡陸軍墓地保存会会長の菅原氏のご決断で整然と並んでいる11個の御慰霊碑の骨壷安置室(慰霊碑の裏側)を開錠していただきました。
 お蔭で式典前後に参加者の皆様は1万6千余の御遺骨に拝礼することが出来ました。
 陸軍墓地慰霊祭000.jpg
開錠された納骨石室

陸軍墓地慰霊祭002.jpg
整然と並ぶお遺骨壷
 慰霊祭の詩吟奏上「ペリリュー島のサクラサクラ」も感動しました。参加者の皆さんの嗚咽の声があちこちで聞こえておりました。脚本編集された井上政典さんと語り、岩城朋子さん、琵琶、寺田蝶美さん、吟詠の吉田城世さん、山村関世さんに感謝いたします。何よりもペリリュー島で玉砕された御慰霊はじめ陸軍墓地にお眠り頂いている1万6千余の御慰霊は喜んでおられること間違いないと思います。
 ⑥詩吟奏上.jpg
詩吟奏上の皆さん
 式典は、福岡県護国神社田村宮司による神事にはじまり、吉田祭典委員長の祭文奏上、菅原偕行会会長の祭詞奏上、詩吟奏上「ペリリュー島のサクラサクラ」の後、参列者全員が玉串を奉奠して明治維新から先の大東亜戦争に至るまでの国難にあたって我が国の独立を守るために尊い命を捧げられた御霊に感謝と今後もご加護賜らんことをお祈りしました。
年々参列者が増え、ご遺族の一部の方も横浜から参加され、また前日、夢大アジア企画の講演会にアジアの代表講師はじめ沖縄の恵氏も参列され、慰霊祭は国際的な輪が広がりつつあります。
 ②祭主奏上.jpg
田村宮司祝詞奏上
【 祭典委員長の祭文】
【福岡県偕行会会長の祭詞】
【 福岡陸軍墓地の由来】
③祭文奏上吉田会長.jpg
祭文奏上吉田祭典委員長

⑤祭詞奏上菅原偕行会会長.jpg
菅原偕行会会長祭詞奏上

⑦タイ・ビルマ高僧玉串奉奠.jpg
タイ・ビルマ高僧玉串奉奠
前日の夢大アジア講演会講師の皆さんも参列頂きました。

⑧沖縄の恵氏挨拶.jpg
沖縄から恵氏挨拶

⑧拉孟雲南地区慰霊碑前で.jpg
拉孟雲南地区慰霊碑前で
前日の講演講師で来日された関係者

福岡駐屯地曹友会の皆様.jpg
草刈・設営支援:陸上自衛隊隊員の皆さま
式典終了後撤収は航空自衛隊隊員の皆さまに支援頂きました。

 最後に陸上自衛隊員、航空自衛隊員の皆様の慰霊祭に係る設営、撤収のご支援を頂きましてありがとうございました。主催者として御礼申し上げます。
福岡県郷友連盟事務局

一押し協力願います
↓↓ ↓ ↓↓↓↓

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

会員募集

福岡県郷友連盟 入会案内
福岡県郷友連盟の会員構成は、以前は旧軍人が主体でしたが、平成に入ってからは幅広く「志ある国民」に呼びかけ、郷友連盟の信条活動に賛同され「誇りある日本の再生」を目標とした国民運動を共に展開する為、新規会員の勧誘を行っています。
職業、年齢、性別一切問いません。祖国再生のため、小さな取り組みを始めて下さる方、お待ちしています。