航空自衛隊築城基地研修


H21年・築城基地研修ブルーインパルス展示飛行

平成21年11月28日(土)福岡郷友連盟は、広く一般の人々に国の安全保障に関する理解を得る一助として前回の春日基地に引き続き航空自衛隊築城基地研修会を企画し、参加を呼びかけたところ、一般市民31名を含む48名の参加を得て実施しました。

築城基地は北部九州唯一の戦闘機部隊で、24時間領空侵犯の任務を持つ戦闘機部隊の第8航空団、ミサイル防衛の任務を持つ第7高射隊、被害復旧で活躍する西部航空施設隊の第3作業隊のほか、それぞれの部隊を支援する諸部隊があります。

今回の研修は翌日開催される航空祭の予行としてブルーインパルスをはじめ航空自衛隊が持つ主要な航空機の飛行展示と地上展示を真近で見ることが大きな目的でもありました。

F-2戦闘機
ブルーインパルス発進準備

研修は午前8時、博多駅から大型バスで高速道に乗り、北九州経由で築城基地に向かいました。9時50分頃にトイレ休憩でドライブイン「メタセの杜」に着くともう築城基地から発進された戦闘機の飛行展示が始まっており、定刻の10時過ぎには築城基地内に入ることができました。約1時間ほど地上展示の飛行機を見たあと、11時から航空自衛隊最精鋭の航空自衛隊アクロバットチーム「ブルーインパルス」の曲芸飛行を1時間たっぷり堪能することができました。参加者の皆さんの中には高性能の写真機を持ってブルーインパルスの飛行を撮影されていました。

12時には出門の約束でしたので、参加者はまだ地上展示の戦闘機に触れたいところでしたが2時間の基地内研修を終えて国道10号、212号を通って風光明媚な青の洞門に向けて基地を離れました。青の洞門でちょっと遅い昼食をとり、紅葉真っ盛りの遊歩道の散策を楽しんでから大分自動車道を経由して無事に5時前には博多駅前に到着しました。

青の洞門前で

最後に、参加者から口頭あるいは文書で研修の感想、郷友連盟に対する提言などが寄せられましたので一部掲載いたします。今後の研修の貴重な資料を得ることができ、有意義な研修であったと思います。

アンケート結果の概要

今回の研修でよかったこと
  • 戦闘機が真近で見れたこと。
  • ブルーインパルスの飛行
  • 航空祭前日でゆっくり見れた。
改善すべきこと
  • 見る時間が少ない。
今後の研修に対する提言
  • 陸海自衛隊の部隊も研修したい。
  • 現職または自衛隊OBの話を聞きたい。
  • 自己紹介、感想発表の場があったらよい。
その他の感想
  • 国防に関心が持てた。
  • パイロットの技量の高さに感心した。
  • 戦闘機の轟音にはびっくりした。
  • 飛行場の大きさに驚いた。

連盟編集員 稲葉 敏

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ

↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります!



この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

郷友福岡 入会案内

福岡県郷友連盟の会員構成は、以前は旧軍人が主体でしたが、平成に入ってからは幅広く「志ある国民」に呼びかけ、郷友連盟の信条活動に賛同される方々と「誇りある日本の再生」を目標とした国民運動を共に展開する為、新規会員の勧誘を行っています。

職業、年齢、性別一切問いません。祖国再生のため、小さな取り組みを始めて下さる方、お待ちしています。

会員になる!

おすすめ

かざぐるま


yuseido.jpg


sekikagu-banner.png


自らの身は顧みず
4898311288
田母神 俊雄


誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係
photo


神武天皇東征記 CD版電子書籍

「神武天皇東征記 CD版電子書籍」は「誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係」の写真カラーバージョンです。希望される方はinfo@fukuoka.goyu.jpまで郵送先をご連絡下さい。郵送料込み1,000円でお渡しいたします。


メールアドレスをお持ちの会員の皆さまへ! 会員の方々で双方向の情報交換を目的として「郷友福岡ネット」を立ち上げております。登録を希望される方は info@fukuoka.goyu.jp までご連絡下さい。


日本の核論議はこれだ―新たな核脅威下における日本の国防政策への提言
郷友総合研究所

4886563171

関連商品