祭文 軍神古野繁實元海軍少佐慰霊祭に寄せて


遠賀中間地区郷友会
副会長 仲野 丈

 本日ここに、関係各位のご尽力のもと、古野繁實元海軍少佐の慰霊祭を挙行することが出来ましたこと、厚くお礼申し上げます。
これもひとえに、祖国のため、家族のために殉じた故人の仁徳はもとより、皆様方一人ひとりに日本国民として脈々と受け継がれてきた、この国を思う心の現れであると敬意を表するものであります。
古野繁實元海軍少佐は、昭和16年12月、太平洋戦争における緒戦の戦果を確保すべく、真珠湾において自力生還を期し得ない特殊潜航艇にて出撃し、散華されました。私は、戦時中は、この特殊潜航艇の基地であった愛媛県と海路が開け、「回天」の訓練基地でもあった山口県徳山市で少年時代を過ごし、海軍将校の白い制服に憧れと畏敬の念を抱いて育ちました。
昭和20年8月の敗戦を受け、国民の総努力による戦後復興、高度経済成長を経て、70年の歳月がながれてましたが、当時の海軍将校の行動規範は、今でも国民の精神的支柱として、屹立していると言っても過言ではないと存じます。
今日の日本の平和と繁栄は、太平洋戦争における戦没者の尊い犠牲のもとで築かれたものであり、私たちは残されたものの使命として、英霊の思いや戦争の悲惨さと教訓を脳裏に刻み、後世に語り継がなくてはなりません。
本日の慰霊祭を、「故きを温め、平和な未来を築く一里塚、二里塚」と位置づけ、古野繁實元海軍少佐の国や家族の安寧を願う御心を引き継ぐとともに、日本の平和と発展に精進することを御誓い申し上げます。

平成23年12月8日

↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります!



郷友福岡 入会案内

福岡県郷友連盟の会員構成は、以前は旧軍人が主体でしたが、平成に入ってからは幅広く「志ある国民」に呼びかけ、郷友連盟の信条活動に賛同される方々と「誇りある日本の再生」を目標とした国民運動を共に展開する為、新規会員の勧誘を行っています。

職業、年齢、性別一切問いません。祖国再生のため、小さな取り組みを始めて下さる方、お待ちしています。

会員になる!

おすすめ

かざぐるま


yuseido.jpg


sekikagu-banner.png


自らの身は顧みず
4898311288
田母神 俊雄


誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係
photo


神武天皇東征記 CD版電子書籍

「神武天皇東征記 CD版電子書籍」は「誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係」の写真カラーバージョンです。希望される方はinfo@fukuoka.goyu.jpまで郵送先をご連絡下さい。郵送料込み1,000円でお渡しいたします。


メールアドレスをお持ちの会員の皆さまへ! 会員の方々で双方向の情報交換を目的として「郷友福岡ネット」を立ち上げております。登録を希望される方は info@fukuoka.goyu.jp までご連絡下さい。


日本の核論議はこれだ―新たな核脅威下における日本の国防政策への提言
郷友総合研究所

4886563171

関連商品