追悼の辞 軍神古野繁實元海軍少佐慰霊祭に寄せて


福岡県郷友連盟会長  吉田邦雄

軍神古野繁實海軍少佐の第三回慰霊祭が、遠賀中間地区郷友会主催のもと厳粛に執り行われるにあたり、ご霊前に対し謹んで追悼の辞を捧げます。
古野繁實海軍少佐は、大東亜戦争開戦劈頭の昭和十六年十二月八日、日本海軍の真珠湾攻撃にあたり特殊潜航艇に乗り込み愛艇とともに尊い命を国に捧げられました。当初山本五十六連合艦隊司令長官は、特殊潜航艇による攻撃は認可していませんでしたが、潜航艇隊員の強い要望により認可したものでした。これは、国力の差が大きい米国との戦争に突入するに当たり、米国太平洋艦隊を撃滅し太平洋の制海権を確保しなければ、日本の勝ち目はないという海軍軍人としての切迫した思いからの作戦でした。国のため、郷土のため、家族のために尊い命を捧げられた古野繁實海軍少佐のご冥福を衷心よりお祈り申し上げます。
先の大戦から六十六年が経過しました。この間日本はひたすら経済的繁栄を追求し、地球上で最も安全な国、国民全体が豊かな生活を送れる国と言われるまでに発展しました。この繁栄は古野少佐を始めといたします英霊の皆様の尊い犠牲のうえに成り立っていることを忘れてはなりません。現在の世界は、テロとの戦争が続き、欧米の経済不安で先が見えない状況です。一方国内でも、東日本大震災の復興が遅れ、経済不況が進行し、国民が日本人としての誇りや自信を喪失してしまっている現状が見られます。このような中にあって、日本人が本来持っている良識、他人を思いやる豊かな心や伝統を取り戻し、世界の中で誇りある日本を再生することこそが御霊にお応えする道であると考えております。
在天の英霊におかれましては、祖国の姿や世界情勢をご照覧の上、我が国の進路やあり方に対してご加護を賜らんことを願い、また御霊の安らかならんことを、そしてまたご遺族の皆様のご多幸を祈念しまして追悼の言葉といたします。

平成23年12月8日

↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります!



郷友福岡 入会案内

福岡県郷友連盟の会員構成は、以前は旧軍人が主体でしたが、平成に入ってからは幅広く「志ある国民」に呼びかけ、郷友連盟の信条活動に賛同される方々と「誇りある日本の再生」を目標とした国民運動を共に展開する為、新規会員の勧誘を行っています。

職業、年齢、性別一切問いません。祖国再生のため、小さな取り組みを始めて下さる方、お待ちしています。

会員になる!

おすすめ

かざぐるま


yuseido.jpg


sekikagu-banner.png


自らの身は顧みず
4898311288
田母神 俊雄


誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係
photo


神武天皇東征記 CD版電子書籍

「神武天皇東征記 CD版電子書籍」は「誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係」の写真カラーバージョンです。希望される方はinfo@fukuoka.goyu.jpまで郵送先をご連絡下さい。郵送料込み1,000円でお渡しいたします。


メールアドレスをお持ちの会員の皆さまへ! 会員の方々で双方向の情報交換を目的として「郷友福岡ネット」を立ち上げております。登録を希望される方は info@fukuoka.goyu.jp までご連絡下さい。


日本の核論議はこれだ―新たな核脅威下における日本の国防政策への提言
郷友総合研究所

4886563171

関連商品