新春座談会「外国人参政権について」


  • 日 時:平成22年1月15日
  • 場 所:福岡郷友連盟会議室
  • 参加者:中野純人,山崎嘉明,岡田敏江,間祐一
  • 司 会:日下部晃志

(司会)みなさん、明けましておめでとうございます。お手元のパンフレットをご覧下さい。(「わたしたちは外国人参政権に反対します」日本会議福岡・県南支部女性部会)結論をいいますと、このパンフレットの通りですね。この場では誰も外国人参政権に賛成する人はいないと思いますが、それに関するご意見をお願いします。

(岡田)一般の人はよく知らない。と言うか、一緒に住んでいるのだから参政権位い与えていいのではないか、特に女性の場合はそうだと思います。

(中野)ここ一週間ほどの産経新聞を見ますと参政権の話はよく解説されています。具体的な例としては対馬に韓国人がどんどん入ってきて、参政権を与えると対馬は韓国の領土と同じことになってしまいます。そしてその島は日本の主権が及び難くなる恐れがありますね。また農村にも中国人が入ってくると同様のことが起こります。

(岡田)やはり対馬はなんとかくい止めないといけませんね。土地なんかは韓国人が日本人名で買っているので不動産や役所も気付かないところがあるそうです。

(司会)私も対馬に行ってきたことがありますが、地元の人たちは観光業にかかわる話なのでこの話を大きくしないで欲しいというところがあります。本土の人がどんなに大変だと言っても観光に落とすお金はあまりない。直行便で行っても飛行機の空席が目立つのが現状です。経済の問題と一体したところがあり、現在の対馬の産業は寂れています。韓国人でもお金を落としてくれれば歓迎するところがあります。その辺のところを理解して国として領土の保全を重視するためには現地が潤うような事業も考えていく必要があると思います。

(間)私も対馬はその通りだと思いますね。今回のテーマ外国人参政権の問題については、日本に帰化して、国籍をとる道があるにも拘わらず何故一般永住者外国人まで付与しなければならないのか、全く理解できませんね。しかもその選挙で国民が選んだ政権は国益に反する大変な法案を政府提案とし、党議拘束で法制化しようとしています。残念ながら保守である野党の人たちもあまり危機感を持っているとは感じられませんね。それで、インターネットで調べたところ「永住外国人に地方参政権を付与に反対する意見書」を県議会で決議したところが九州で3つあります。長崎、佐賀、大分です。福岡県でも決議するよう働きかけてはどうでしょうか。

(中野)産経の情報では千葉、石川も出しているようですね。

(司会)地方議会の方が常識ある議員が多いと言うことですね。郷友連盟も福岡県は勿論ですが関連の地方議会を動かすことを考えた方がよいと思いますね。全国組織の郷友連盟ですので、国政に対して地方から意見を伝えていくことが必要ではないかと思います。逆にいうと今の与党は国民の意見に耳を傾けることに執着していますから、地方からの提言は無視できないと思います。

(中野)昨年の福岡郷友連盟の活動ですが、自衛隊の編成に関して隊友会と郷友連盟合同で防衛議員連盟と連携をとって一案を福岡県議会に提案してもらい、最終的に決議されました。また郷友連盟からもその提案書をメールで関連の各省庁、両議院議長、総理大臣に出しております。従って司会者の提案は有効だと思います。

(司会)参政権付与賛成論者には日韓併合時代、無理やり朝鮮から日本につれてこられたと考えている人が多いのではないかと思います。外国特別永住者がそうだと思っている人が多いと思いますが、それは全く違うと言うことを説明する必要があると思います。まず、日韓併合は当時の西洋列強国が行った植民地とは全く違い、今の会社が合併するのと同じだった。朝鮮人の大将も出たし、大学も入れた。無理やりつれてこられた被害者とは全く間違っております。

(山崎)外国人賛成組はムードで動いているような気がします。特別永住者も一般永住者も一緒くたにして考えている人が多いと思います。また保守という議員の中にも参政権を認めているものがいるということですが、このことに至っては、国政を預かっている認識がなく私利私欲で動いているとしかいいようがありません。それを正していくことが必要と思います。もう一つはマスコミが嘘を言っているところが多いのではないかと思います。平成7年に最高裁が地方参政権を認めていると報道している。そんなことはないので、インターネット等を活用して反論することが必要と思います。また選挙権を持たない人が選挙活動をしたらいけないはずですが某政党議員は平気で関連団体の支援を受けている。その見返りに国益を考えないで外国人参政権を某国の機嫌をとるために持ち出そうとしているように見えます。保守の議員にも、与党議員の中にも外国人参政権反対者はいる筈だし、その人たちが結集してくれるといいのだが……

(岡田)騒いでいる人たちは本当の日本人ではないですね。外国人勢力に組して日本弱体化を希望している人たちですね。先日の天皇陛下と某国の要人との会見でも明らかに外国の力に組する人たちがいますね。日本人の気質は国の秩序を守ろうとするところにあるはずが、手続きも無視して天皇陛下を政治に利用しようとしていることは明白ですね。

(中野)それに加え、保守党が一本化しないのは産経の解説によると95パーセントの議員が反対なのに数人の要人が何人かいて、政党として一致して反対できないところがあるようです。

(岡田)私は韓国の方に反対している訳ではありませんが、日本に帰化するからには日本の伝統をしっかり理解し、日本に同化してもらうことが何よりも大切と思います。その認識は日本の政府にもないとしか言いようがありませんね。

(中野)ともかく我々のできることは、郷友連盟の理念に基づいて日本人の真の声を聞いて欲しいと政府、議員に訴えていくことが肝心ですね。

(間)ここで、松下政経塾出身の議員が協力して頑張ってもらいたいですね。

(岡田)ここまで落ちると、米国からも見放されてしまいますね。

(司会)一度、米国にも見放された方がよいかもしれませんね。そうすれば自ずと国防の重要性も判ってくるだろうし、自衛隊ももっと強化しなければならないことが判るかもしれません。

(間)米国の話になりますが、日本と比べてしっかりしたところがありますね。米国は永住権は簡単に認めるが選挙権は渡そうとしない。兵役の義務も負わすが選挙権だけは渡さないというしっかりした考えを持っている国だと思います。

(岡田)それに比べ、日本はお粗末ですね。日教組がはびこり、国旗、国家をお粗末にする、国に対する責任はなく、個人主義を謳歌することだけしか教えないという現状は国の根本が間違っていますね。親を大事にしない、子供は親を馬鹿にしている。親を尊敬する子供は本当に少なくなってしまっていますね。

(山崎)日本は世界に誇れるものが何かと言うと天皇制と家族の繋がりだと思うのですね。科学技術がどうのと言っても米国には叶わないかもしれないが、外国人が日本を見て羨ましいなと思うのが天皇制だと思います。それから何かトラブルがあった時に略奪するものがいないと言うことは家族の繋がりがあるからと思いますね。これを両方とも壊そうとしているのが外国人参政権の問題や夫婦別姓の問題と言えるのではないかと思いますね。天皇制を無くしてしまうと元に戻すのは難しくなる。家族の繋がりにおいてもジワジワ壊してきていますね。子供手当てをあげましょう。これは親から育ててもらったものを無くそうということですね。それから夫婦別姓ですが例えば「山崎」と言う名前で家族が繋がっているから悪いことは自制する。別姓だったら悪いことを平気でやるかも判らない。この日本で最も大切な天皇制と家族の絆を両方とも壊そうとする体制は許せないですね。

(司会)どうして、家族の絆が薄くなったかを考えると、多分、今政治も何も皆、経済に引っ張られてるのですね。中国副主席を天皇に会せたのも大事な経済のパートナーだからの理由もあると思いますね。しかし家族の絆の面からいうと経済重視は物を消費する、物を粗末にすることが当り前になり、この延長線上が家族の絆を崩壊させているのではないかと思いますね。

(中野)先日聞いた話ですが、子供が親を捨てる話がありましたが最近は親が子供を捨てることが多くなっているとの事ですね。家族の絆も最たる状況になっていますね。

(岡田)それで福岡市も考えて糸島に子供の村を作ってオープンま近かになっているそうです。捨てられた子供達を収容するのだけれども、その施設が5、6件しかないので間に合わないそうです。

(中野)日本の社会の崩壊は家族からはじまっていると言えるのではないでしょうか。

(司会)自由の行き過ぎ、人権の行き過ぎがこれを招いているのではないかと思うのですね。自由を突き詰め過ぎてそれを認めるとかえって不自由になります。そこに道徳とか規律が必要となります。

(間)経済成長も同じです。池田内閣から始まったと思うのですが、皆んな裕福に成り過ぎて本当の幸せが見えなくなったと思います。神戸地震の記念日にお婆ちゃんのインタビューで、「戦時中の食べるものもなかった経験に比べると、神戸地震の被害は酷かったけれど被災後には食べるものには不自由しませんでした。」とおっしゃっていました。本当はそんな貧しい体験を今の若者にさせることができればよいのですが今は無理でしょうね。

(中野)ところで、参政権の問題に帰りましょう。長崎、佐賀、大分の例を参考に郷友連盟としても何とか行動に移しましょう。

(岡田)福岡県の郷友連盟としても、全国の組織を活用しても地方から中央に訴えていく手段でやった方がよいと思います。そこから政治を変えることができると思います。日本会議も活動しているようですから連携を取ることも必要と思います。

(中野)日本の国益を損なう法案に対する反対の世論をどう沸き起こすかということが大事ですね。

(司会)まとめに入りたいと思いますが、外国人参政権の問題は、長い間の経過を踏んで、現状がベストであるということを伝えていくべきではないかと思います。反対・賛成でエネルギーを消耗するのではなく、今までの調和を壊すことに反対という姿勢が大事かと思います。また、家族も含めて色々の人たちにその内容を知らせていく必要があるかと思います。

(中野)我々としてはこの法案に対する声を提言書の形に纏めて政府、各政党等に対して提出する方向で考えたいと思います。その状況をホームページにも掲載しましょう。

(終わり)(文責/間)

↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります!



この記事へのコメント

  1. 伝次郎 より:

    島根県は竹島をかかえています。
    オランダ、ドイツは日本が危惧することが現実になっているようです。
    特にドイツは軍隊、教会に外国勢力が入り問題は深刻。
    カナダは華僑系が政治に入り我が利益ばかりの活動をし、好き放題やっているようです。
    詳しくは月刊WILL3月号をお願いします。
    ブログ
    外国人犯罪の増加からわかること
    http://taiyou.bandoutadanobu.com/
    こちらで国籍法と外国人参政権との関係が書かれています。日本人の危機感は正しいと思いますし、想像以上に日本の安売り解体セールとなるようです。
    日籍華人へ参政権賛成するように動きが公然と行われています。
    中国、朝鮮の意図はさまざまなブログなどで確認できます、明らかに日本侵略です。主権侵害です。
    「差別だ」の押し切りは完全に間違いです。
    力のゴリ押しに屈することがあってはなりません。
    お邪魔しました。

  2. 情報屋 より:

    日本人の定義に関する危機です。
    『外国人参政権の裏で日本人の定義を変える請願がひそかに受理されて可決待ちです。
    「国籍選択制度の廃止に関する請願」http://www.shugiin.go.jp/itdb_seigan.nsf/html/seigan/1740145.htm 
    「成人の重国籍容認に関する請願」 http://www.shugiin.go.jp/itdb_seigan.nsf/html/seigan/1730004.htm です。

  3. 情報屋 より:

    貼り付けが多くてすいません。
    別件ですがお願いします。
    ~水戦争~
    私たちが毎日何気なく使っている水ですが、
    世界では水不足で悩んでいる国がたくさんあります。
    一見豊富に見える日本の水資源も、実は気候変動などで雨期が少なくなったり、積雪が少なくなったりすると「乾燥列島」になってしまい、人ごとではありません。(週刊鉄学より転載)
    110兆円市場~水ビジネスの今
    吉村和就(グローバルウォーター・ジャパン代表)
    下水処理の権利はヴェオリア社が広島、埼玉、千葉で通常入札で勝ち取られたそうです。
    日本には民営の会社がないため地方が分権のためお金だけ渡され、技術も何もないため外国の会社に一括委託と言う状況だそうです。(民営化の害悪か?)
    ライバルの語源はリバー水争いから。
    IBMも参入。天気情報など。
    日本は戦略がないようです。
    CS 武田鉄也の週刊鉄学2・14放送分(再放送有)
    http://asahi-newstar.com/web/12_tetsugaku/?cat=18
    吉村和就氏のHP http://gwaterjapan.com/
    日本はろ過の膜はシェア7割あるそうですがその儲けは微々たる物だそうです。
    説明がうまくできませんので、現場の方
    詳しい方誰かお願いします。
    地方の役所が百戦錬磨の外国企業と戦わなくてはいけなくなるのは危険すぎる。負けが見えてる金をしこたま取られるか、権利を根こそぎ取られるか。民間企業育成と保護政策を!!!
    中川昭一氏も生前水大臣をやりたいと言っていたそうです。(吉村氏談番組内)水資源の重要性にいち早く気付いていたようです。

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

郷友福岡 入会案内

福岡県郷友連盟の会員構成は、以前は旧軍人が主体でしたが、平成に入ってからは幅広く「志ある国民」に呼びかけ、郷友連盟の信条活動に賛同される方々と「誇りある日本の再生」を目標とした国民運動を共に展開する為、新規会員の勧誘を行っています。

職業、年齢、性別一切問いません。祖国再生のため、小さな取り組みを始めて下さる方、お待ちしています。

会員になる!

おすすめ

かざぐるま


yuseido.jpg


sekikagu-banner.png


自らの身は顧みず
4898311288
田母神 俊雄


誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係
photo


神武天皇東征記 CD版電子書籍

「神武天皇東征記 CD版電子書籍」は「誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係」の写真カラーバージョンです。希望される方はinfo@fukuoka.goyu.jpまで郵送先をご連絡下さい。郵送料込み1,000円でお渡しいたします。


メールアドレスをお持ちの会員の皆さまへ! 会員の方々で双方向の情報交換を目的として「郷友福岡ネット」を立ち上げております。登録を希望される方は info@fukuoka.goyu.jp までご連絡下さい。


日本の核論議はこれだ―新たな核脅威下における日本の国防政策への提言
郷友総合研究所

4886563171

関連商品