「王家」は皇室を貶める言葉だ!


九州歴史観光戦略研究所代表
歴史ナビゲーター 井上政典

NHKの平清盛が始まって既に三回(一月二十四日時点)。ドラマ内では松山ケンイチ扮する清盛が「王家」と連発しています。さらには、伊東四郎扮する鳥羽上皇が皇室内の醜聞を重厚に演じていました。怪演といってもいいほど、不気味にそして存在感のある役をしていました。これが普通のドラマだったら何も問題なく、ただ娯楽としてみていたでしょう。

でも、これが天下の国営放送のNHKの大河ドラマだから問題なのです。第一に平清盛が鳥羽上皇の落胤(おとしだね)とははっきりしていません。そういう噂があり、異例のスピード出世を遂げ太政大臣になったから、きっとそうに違いないといわれているだけです。でも、今回のドラマでは、この出自は重要な部分になります。
天下のNHKの大河ドラマでするのですから、きちんと説明すべきところだと思います。そうでなければ、知らない人が見たら、坂本龍馬と岩崎弥太郎が幼なじみだと信じて疑わない人が出たように、間違ったことを歴史的事実として誤認してしまいます。
ただ、こういうものはちょっと調べてみればすぐに疑義があることがわかるので、まだいいのです。それによって私たちの大切なご皇室が傷つくものではないからです。だから、「王家」という言葉は絶対に許すことはできません。

一月二十四日付の産経新聞に本郷和人・東大史料編纂所准教授は王家という言葉の使用はおかしくないということを書かれています。資料に基づききちんと書かれているのですが、私はどうしてもこれが納得いきません。それは、日本語の特性に起因するものです。
それは何かというと、「言文不一致」です。つまり、話し言葉と書き言葉が違うということです。明治時代になって、二葉亭四迷が書いた浮雲が登場するまでは、書き言葉と話し言葉が違っていたのが日本語なのです。

だから、文書にそういう風に使ったと書いてあるからそのまま会話の中で使うのはおかしいのです。さらに、公家言葉や庶民の言葉なども違っており、それを同じようにドラマの中で話しているのに、「王家」という言葉だけが違和感があるのにわざと使うというのはちょっとおかしいと思いませんか?
ふつう、身分の高い人を下の人は名指しで呼びません。鎌倉殿といえば、源頼朝とわかりますし、右府様と秀吉が言えば織田信長とわかるのです。そして今上様といえば、当代の天皇陛下をさします。このように、会話の中で下の階級の人間が「織田信長様が」とか、「徳川家康様が」というはずがないのです。

ただ、言う場合があります。それは、敵に対してです。敵が「織田信長め!」と言っているのなら、なんらおかしくありません。それが日本語ではないでしょうか。さすれば、この場合「王家」と平清盛が言っているのは、皇室を敵視していたことにつながるのです。大変根強い感情がそこに存在することを表します。NHKはそこを狙っているのでしょうか?
もちろん、清盛は皇室を敵視していません。それが証拠にわが娘を嫁がせ、孫を安徳天皇として即位させます。つまり、皇室の権威を清盛は利用しているのです。もし、敵対しようとしているのなら、こういうことはせずに自分が王朝を打ちたてたことでしょう。にもかかわらず、劇中で松山清盛が王家と叫んでいるのは、大変不遜なことではないでしょうか?

NHKまたは製作者は意図的にこの言葉を使ったとしか考えられません。皇室に対し、無礼な言葉を使い続けて、世の人々の皇室に対する尊敬の念を薄めるためだと思っています。こういうものは断固許せません。きっちりと今後も監視し続けようと思ってます。

(プロフィール)
昭和31年生まれ 西南学院大学経済学部卒業後明治生命保険入社。各地の営業所長を経て東京本部研修センター長としてトレーナー教育や高能率営業員の育成にあたる。九州歴史観光戦略研究所を立ち上げ歴史ナビゲーターという新しいジャンルを目指し活動中。

↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります!



この記事へのコメント

  1. 守山善継 より:

    大変参考になります。井上氏がおっしゃる「ちょっと調べて見たらわかる事。」ですが、ここが素人と専門家の違いではないでしょうか。調べることができる人が専門家だと、私は思います。寄って、専門家による批評は非常に価値もあるし、また洗脳という危険性もあると思います。井上さんの述べられている説は、おそらく一般の人は、9割方知らないでしょう。非常に貴重な指摘だと思います。
     天下のNHKのやることだからと、殆どの人は信用してかかるはずです。そこに、このような疑問があるということは、井上さんには、もっと機会あるごとに声を大にして発信して頂きたいと思います。私も、職場の若い人たちには、井上さんの説を伝えます。母国の未来の為にも。

  2. 管理人 より:

    守山さん、コメントありがとうございます。
    井上氏の提言をNHKに対する意見要望の参考にしたいと思っております。
    理解するだけでなく守山さんのように正論普及活動等が一番大事なことと思っております。

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

郷友福岡 入会案内

福岡県郷友連盟の会員構成は、以前は旧軍人が主体でしたが、平成に入ってからは幅広く「志ある国民」に呼びかけ、郷友連盟の信条活動に賛同される方々と「誇りある日本の再生」を目標とした国民運動を共に展開する為、新規会員の勧誘を行っています。

職業、年齢、性別一切問いません。祖国再生のため、小さな取り組みを始めて下さる方、お待ちしています。

会員になる!

おすすめ

かざぐるま


yuseido.jpg


sekikagu-banner.png


自らの身は顧みず
4898311288
田母神 俊雄


誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係
photo


神武天皇東征記 CD版電子書籍

「神武天皇東征記 CD版電子書籍」は「誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係」の写真カラーバージョンです。希望される方はinfo@fukuoka.goyu.jpまで郵送先をご連絡下さい。郵送料込み1,000円でお渡しいたします。


メールアドレスをお持ちの会員の皆さまへ! 会員の方々で双方向の情報交換を目的として「郷友福岡ネット」を立ち上げております。登録を希望される方は info@fukuoka.goyu.jp までご連絡下さい。


日本の核論議はこれだ―新たな核脅威下における日本の国防政策への提言
郷友総合研究所

4886563171

関連商品