イスラエル国防視察団旅行記(①概要)


9月10日から17日(福岡出発組は18日)のイスラエル国防視察団旅行は、田母神俊雄元航空幕僚長を団長として総勢23名(成田空港から参加:13名、福岡空港から参加9名、現地参加:1名)で実施しました。

これは2月末にイスラエル親善協会理事の永嶋直之氏から福岡県郷友連盟に提案されたもので、企画主旨は郷友連盟の理念にも合致し、実施協力を全面的に進めることとなったものです。参加人員は22名から25名以内として募集を5月から始めました。

6月末以降、ガザ地区からハマスによるイスラエル領へのロケット攻撃が始まり、特に7月8日以降、ガザ地区からイスラエル側へのロケット攻撃が激化し、16日までに1,300発以上のロケット弾及び迫撃砲攻撃がありました。これに伴い、日本の外務省は7月18日に「イスラエル及び西岸・ガザ地区についての渡航情報を発出しました。

そのため、参加希望締切りを7月末としていましたが最低催行人員が集まらなく、締切りを8月末に延長しました。

8月26日、イスラエル軍とイスラム組織ハマス武装勢力が停戦合意した結果、参加者の心配も軽減されたため、8月末には23名となり、予定通り催行することができました。結果、参加者全員が安全に9月18日までに帰還し、大きな成果を持ち帰ることができました。

以下、8日間シリーズで成果報告を写真付きで実施いたします。アクセスフリーですが、感動された方は最後の「ブログ村バナー」に一日1回の一押し協力を宜しくお願いいたします。

まず、一回目は旅行全般の概要を知って頂くために旅程表と田母神団長のブログ、全般のビデオ録画(55分)をリンク紹介いたします。

○8日間旅程表

○田母神俊雄ブログ(イスラエルを訪問して)
○チャンネルくららイスラエルツアー2014(上念司氏提供)

ヘルツェルの丘で献花(3日目)
↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります!



この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

郷友福岡 入会案内

福岡県郷友連盟の会員構成は、以前は旧軍人が主体でしたが、平成に入ってからは幅広く「志ある国民」に呼びかけ、郷友連盟の信条活動に賛同される方々と「誇りある日本の再生」を目標とした国民運動を共に展開する為、新規会員の勧誘を行っています。

職業、年齢、性別一切問いません。祖国再生のため、小さな取り組みを始めて下さる方、お待ちしています。

会員になる!

おすすめ

かざぐるま


yuseido.jpg


sekikagu-banner.png


自らの身は顧みず
4898311288
田母神 俊雄


誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係
photo


神武天皇東征記 CD版電子書籍

「神武天皇東征記 CD版電子書籍」は「誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係」の写真カラーバージョンです。希望される方はinfo@fukuoka.goyu.jpまで郵送先をご連絡下さい。郵送料込み1,000円でお渡しいたします。


メールアドレスをお持ちの会員の皆さまへ! 会員の方々で双方向の情報交換を目的として「郷友福岡ネット」を立ち上げております。登録を希望される方は info@fukuoka.goyu.jp までご連絡下さい。


日本の核論議はこれだ―新たな核脅威下における日本の国防政策への提言
郷友総合研究所

4886563171

関連商品