李登輝元台湾総統閣下のご逝去の報に接して


 今年2月牛乳を誤嚥されて肺浸潤を起こされて入退院を繰り返されていた李登輝台湾元総統が、昨7月30日午後7時24分頃入院先の台北栄民医院で逝去されました。享年97歳。その人生はまさしく台湾と、台湾国民に捧げられたものでした。今日の確固たる民主主義国家台湾を築かれた本当の『国父』と呼ぶに相応しい生涯でした。かつて米ニューズウィーク誌は、その台湾特集号の中で「ミスター・デモクラシー」との「称号」を与えましたが、中国の専横がなければノーベル平和賞に値する業績、とは中国を除く世界の心ある人々の一致する評価ではないでしょうか。

 京都帝国大学で学ばれた李登輝元総統は日本語で考え、学び、伝えることのできる唯一人の外国大統領でした。なぜなら自ら語っておられるように『私は22歳(1945年8月15日)まで日本人として育った』かただったからです。『安倍首相よ、尖閣問題で正義を貫け!』と明言喝破されたこともありました。「武士道解題」など数々の日本語による著作を通じで、また訪日の折に触れて我国に対する提言や、若い世代への叱咤激励など寄せられました。

 当福岡県郷友連盟は憂国の理念を共にする李登輝元総統との交流を深めるべく、平成24(2012)年12月及び平成27(2015)年4月に表敬訪問団を派遣、親しく懇談の機会を持ちました。切っ掛けは対中国防衛を共にすべき自衛隊のジェネラル(将軍)や将校達に会いたい、意見交換したいとのご本人のリクエストによるものでした。その期待に応えて5名の将軍と将校をお引き合わせしました。お土産に「そうりゅう型潜水艦」の模型を進呈したことも今となっては良い思い出です。今後進められるであろう『李登輝祈念館』が完成した暁には贈呈者の銘板付き展示がされるのでは、と密かに期待しています。

 李登輝元台湾総統閣下の逝去に際し、当会と当会に集うもの、さらには日本国と国民への、長年のご指導とご恩顧に感謝申し上げ、謹んで哀悼の意を表したいと思います。

    令和2(2020)年7月31日

    福岡県郷友連盟会長・退役陸将補

              吉田邦雄

潜水艦「そうりゅう」進呈
潜水艦「そうりゅう」
潜水艦「そうりゅう」銘版

 

 

 

 

↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります!



この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

郷友福岡 入会案内

福岡県郷友連盟の会員構成は、以前は旧軍人が主体でしたが、平成に入ってからは幅広く「志ある国民」に呼びかけ、郷友連盟の信条活動に賛同される方々と「誇りある日本の再生」を目標とした国民運動を共に展開する為、新規会員の勧誘を行っています。

職業、年齢、性別一切問いません。祖国再生のため、小さな取り組みを始めて下さる方、お待ちしています。

会員になる!

おすすめ

かざぐるま


yuseido.jpg


sekikagu-banner.png


集広舎リンクバナー


自らの身は顧みず
4898311288
田母神 俊雄


誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係
photo


神武天皇東征記 CD版電子書籍

「神武天皇東征記 CD版電子書籍」は「誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係」の写真カラーバージョンです。希望される方はinfo@fukuoka.goyu.jpまで郵送先をご連絡下さい。郵送料込み1,000円でお渡しいたします。


メールアドレスをお持ちの会員の皆さまへ! 会員の方々で双方向の情報交換を目的として「郷友福岡ネット」を立ち上げております。登録を希望される方は info@fukuoka.goyu.jp までご連絡下さい。


日本の核論議はこれだ―新たな核脅威下における日本の国防政策への提言
郷友総合研究所

4886563171

関連商品