航空自衛隊春日基地研修会【実施概要】


平成21年6月26日(金)福岡県郷友連盟は、広く一般の人々に国の安全保障に関する理解を得る一助として航空自衛隊春日基地研修会を企画し、参加を呼びかけたところ、総勢52名の参加を得て晴天下航空自衛隊装備の一部を間近に見学した。

春日基地には、航空自衛隊西部航空方面隊の司令部、警戒管制部隊の司令部と移動警戒隊などが所在し、福岡空港の片隅には方面隊司令部の用務を支援する飛行部隊と離島に対する人員物資の輸送を担当する空輸部隊が所在している。

研修は、春日基地広報館において江口広報班長からわが国の防空システムの概要、わが国周辺の航空活動と対領空侵犯措置の概況、災害派遣等の実施状況などについて説明を受けた後、移動警戒隊の主要装備について移動警戒隊長等の案内によって見学した。

移動警戒隊
昼食は、隊員と同じ食事を体験喫食した。

午後は、大型バスで福岡空港へ移動して空港敷地内に所在する西空司令部支援飛行隊のT−4型練習機、航空救難団ヘリコプター空輸隊のCH−47J型ヘリコプターと災害派遣用資機材を見学し、途中、輸送航空団の国産C−1ジェット輸送機の定期便の離発着の様子も見ることができた。

西空司令部支援飛行隊
西空司令部支援飛行隊

研修の間、終始自衛隊側の案内者と研修参加者との間で熱心な質疑応答が行われ、航空自衛隊の任務・特性について理解が深められた模様である。

更に、国内線、国際線の民間旅客機の離発着を普段立ち入ることのない場所から見られ、研修参加者は盛んにカメラのシャッターを切っていた。

研修終了後日、参加者から研修参加の感想とわが郷友連盟に対する貴重な提言が寄せられた。

春日基地研修会参加者から寄せられた書簡を見る

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ

↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります!

福岡陸軍墓地修復落成式で菅原委員長が奉上した祭文


明治維新の大業以来 大東亜戦争までの幾多の国難に際して、身命を賭して我が国家と民族を護ってこられた英霊の皆様をお祀りする此の陸軍墓地の各石碑が、去る平成17年3月21日の福岡県西方沖地震により相当の被害を受けました。国有地の墓地の上に建立された此の石碑群の被害の修復は、国又は地方自治体等の責務と思いましたが、その気配が無く、交渉するも応じず、遂に福岡県郷友連盟をはじめ関係諸団体が相集い、石碑修復委員会を立ち上げ、広く有志の方々に協力を呼びかけた処、八百数拾人の方々に資金提供を賜りました。

早速 國松石材に工事を発注し、動いた碑柱のずれ直し等に着工し、19年秋の慰霊祭に間に合いました。然し 心配していた墓内の状況は扉の鍵を破壊して調査した結果、多くの棚板は落下破損し、英霊の骨壺も多数が落下、深さ胸までもの満水という驚くべき惨状が判明。委員一同申し訳無しと暗然と致し、直ちに修復を計画、棚板を宮崎県小林市にて楠材にて調達、御壺は一時國松石材に移送管理し、委員総出で整理・番号付け等を行い、11月に改良工事と骨壷御霊のお戻りを完了、本日落成の式典をとり行うに至りました。ここに眠られる数萬の英霊の方々には再び安らかに鎮まりまして、更に我が国が一日も早く真の姿に立ち返るように御導き御加護を賜りますよう心から祈念いたします。

平成20年12月6日
陸軍墓地石碑修復改良委員会
委員長 菅原道之

↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります!

動き出した軍人墓地の管理(国の責任で管理すると大臣明言)


4月24日、参議院決算委員会において衛藤晟一参議院議員が質問に立ち、福岡の陸軍墓地(※注)の例を上げ、かっての占領政策の一環で戦没者追悼についての一切の法令、制度が破壊された結果、明治維新から日清・日露、大東亜戦争に至る国内82ヶ所の軍人墓地の管理は地方自治体に丸投げされた状態で、その多くが荒廃していることを指摘。改めて国家として管理すべきではないかと追求した。

舛添厚労大臣は、「大きな意味での戦後処理での一環ですから、これは関係省庁と連携を取りながら、国の責任としてきちんと管理していきたいと思っております」と応えた。また、衛藤議員は遅々としか進んでいない海外の遺骨収集についても質した。
(以上、「祖國と青年」記事抜粋)

陸軍墓地修復落成式
修復を完了した骨壺霊園

(※注)福岡県陸軍墓地(谷陸軍墓地)は現在、国有地として財務省理財局の所管で戦後、軍所有の土地や施設は国有財産法に基づいて、国の一般財産として大蔵省に移管されている。また昭和44年、大蔵省は福岡市の谷陸軍墓地を福岡市に対して無償貸付、管理者は福岡市市役所(公園部分:福岡市中央区役所、墓地部分:福岡市保健福祉局)と契約を結んでいる。

谷陸軍墓地は福岡県郷友連盟主催で毎年10月、慰霊祭を実施している。平成17年の福岡県西方沖地震での被害により、石碑や骨壷に重大な被害があり、地元有志で陸軍墓地石碑修復改良委員会が設立され、有志団体、個人の浄財で平成20年11月に修復完了、翌12月6日に福岡陸軍墓地修復落成式が挙行された。衛藤晟一参議院議員はこの現状について国、県、市の管理責任並びに英霊に対する国の責任を問うたものである。

福岡県郷友連盟会長
中野純人

↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります!

郷友福岡 入会案内

福岡県郷友連盟の会員構成は、以前は旧軍人が主体でしたが、平成に入ってからは幅広く「志ある国民」に呼びかけ、郷友連盟の信条活動に賛同される方々と「誇りある日本の再生」を目標とした国民運動を共に展開する為、新規会員の勧誘を行っています。

職業、年齢、性別一切問いません。祖国再生のため、小さな取り組みを始めて下さる方、お待ちしています。

会員になる!

おすすめ

かざぐるま


yuseido.jpg


sekikagu-banner.png


自らの身は顧みず
4898311288
田母神 俊雄


誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係
photo


神武天皇東征記 CD版電子書籍

「神武天皇東征記 CD版電子書籍」は「誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係」の写真カラーバージョンです。希望される方はinfo@fukuoka.goyu.jpまで郵送先をご連絡下さい。郵送料込み1,000円でお渡しいたします。


メールアドレスをお持ちの会員の皆さまへ! 会員の方々で双方向の情報交換を目的として「郷友福岡ネット」を立ち上げております。登録を希望される方は info@fukuoka.goyu.jp までご連絡下さい。


日本の核論議はこれだ―新たな核脅威下における日本の国防政策への提言
郷友総合研究所

4886563171

関連商品