会長あいさつ

年頭の抱負

吉田新会長up用.jpg
福岡県郷友連盟
会 長 吉田 邦雄
 昨年の東日本大震災及び東京電力福島第1原子力発電所事故からの避難者は40万人を超す方々がおられますが、その一方被災地の復興は進んでおりません。更に津波被害の甚大さから、東北地方の被災地を復興させるためには、膨大な予算と長い年月を要するものと思われますが、少しでも早い被災地の復興を願うものであります。

 私たち郷友連盟は、誇りある日本の再生を目指し活動する社会活動団体です。主な活動は、国のために尊い命を捧げられた方々の遺志を大切にすること、日本の歴史や伝統を継承すること、我が国の守りを考えることです。
 このため親睦や懇親を図る部隊OB会等の組織とは性格が異なります。民主党政権が発足して2年が経過しましたが、この間における民主党政府の国益を損なう数々の施策や中国・北朝鮮の行動に対して、国民も眼が覚め、国益を守らなければ日本があぶないと感じ始めています。今年の成人の日のテレビニュースにおいて新成人に抱負を聞いていましたが、誇りある国を作りたい、日本国の発展のために尽くしたい、震災の復興に尽くしたい等の発言が多数あり、そのような抱負を述べる新成人に感動を覚えました。

 郷友連盟は、そのような考えを持っている国民の方々の中心になって活動していきたいと考えております。具体的には、福岡県陸軍墓地の慰霊祭を始めとする各地の慰霊祭での英霊の顕彰、史跡研修を行っての郷土の歴史や伝統を継承する活動、自衛隊研修を行い我が国の守りの実情を研修する等の活動をさらに広げていきたいと考えています。また一昨年来実施している政府への提言も続けていきます。(定住外国人に対する地方参政権付与法案に対する反対の提言、夫婦別姓法案に反対する提言等)
 更にはアメリカの日本占領政策において植え付けられた自虐史観からの脱却を目指す活動も重視しています。その一つは、新教育基本法と教育指導要領に基づく歴史と公民の教科書を教育現場で採択する活動を続けることです。昨年12月は今後4年間において使用する教科書を採択する時期でした。福岡県内では、中学校の歴史、公民教科書は、日本の歴史や伝統を誇りに思うような教育を行うと定めている教育指導要領に則った教科書は採択されませんでした。
 
 また私たちは、郷友政治連盟として福岡県選挙管理委員会に認可を受けている政治団体でもあります。これまでも佐藤正久・宇都隆史参議院議員の選挙の際には、防衛諸団体をまとめる中心となって選挙活動をおこない、県内における両候補の選挙活動を支援しました。現役自衛官の皆さんは政治活動が制限され、隊友会や父兄会の皆さんも、その組織名では選挙活動ができません。このため郷友政治連盟のもとに防衛団体連絡協議会を立ち上げ、その組織に各団体や部隊OB会等の皆さんも加入して頂いて支援活動をしており、県内における強力な支援基盤となっています。今年は衆議院議員選挙があるのではないかとの新聞報道がありますが、私たちは国政選挙において、保守の候補者を国会に送り込み、私たちの主張を国政に反映してもらいたいと願っています。

 今年も福岡県郷友連盟の活動に皆様のご協力を賜りますようお願い申し上げます。

              平成24年1月

一押し協力願います
↓↓ ↓ ↓↓↓↓

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

会員募集

福岡県郷友連盟 入会案内
福岡県郷友連盟の会員構成は、以前は旧軍人が主体でしたが、平成に入ってからは幅広く「志ある国民」に呼びかけ、郷友連盟の信条活動に賛同され「誇りある日本の再生」を目標とした国民運動を共に展開する為、新規会員の勧誘を行っています。
職業、年齢、性別一切問いません。祖国再生のため、小さな取り組みを始めて下さる方、お待ちしています。