会長あいさつ

歴史に学ぶ

吉田新会長up用.jpg
福岡県郷友連盟
会 長 吉田 邦雄
1.明治維新後の日本の歴史及び現在の日本の現状   3月11日の東日本大震災で亡くなられた方は、1万5千7百人、行方不明の方は四千7百人という大惨事となり、東北地方の太平洋沿岸の街はことごとく津波に流され無くなってしまうという惨状となりました。また東京電力福島第一原子力発電所事故により、避難されている方は、何万人になるのでしょうか。これら大災害からの復興は国家的事業ですが、全く先が見えません。

 現在の日本は、国家観や日本人としての自覚や誇りが著しく低下しています。明治維新後の日本は、日本の植民地化を図ろうとする米英仏露等欧米からの圧力に対し、日本国家の近代化技術や制度の導入を国を挙げて取り組み、東アジアの中で唯一欧米の植民地となることを阻むことができました。その理由は、世界に例を見ない歴史ある天皇が国家元首として日本を統治されていたこと、日本が島国であること、江戸時代以降国民の教育レベルが高かったこと、不正義の侵略に対しては命を掛けても守り、戦う気風が国民にあったこと等の事が考えられます。江戸時代末期の馬関戦争、薩英戦争により、欧米との軍事力の差を見せつけられていたこともあり、明治維新後は、国内工業、軍事力等の近代化を国家として推進しました。明治維新からわずか37年後、当時の世界超一流国であったロシアと戦争になりました。中国東北部における日本陸軍の勝利、対馬海峡における日本海軍のロシア艦隊の撃滅等により、世界中誰もが予測しなかった、日露戦争において日本が勝利する結果になりました。

 その後は欧米諸国の帝国主義の動きが強まり、日本とタイ以外のアジア・アフリカ諸国は、全て欧米の植民地となってしまいました。
  アメリカのフィリッピン占領後の中国大陸への進出政策に伴い、アメリカからの日本に対する圧力が強まりました。日本の中国大陸からの撤退要求や、鉄鉱石、くず鉄、石油のほとんどをアメリカからの輸入に頼っていた日本に対して、アメリカはこれらの対日禁輸という経済締付け政策を取り始めました。日本はアメリカの対日禁輸政策に対して、大東亜共栄圏というアジア全体でアジアの繁栄を図る政策を立て、アジアを占領していたアメリカ、イギリス、オランダとの戦争に突入したのが大東亜戦争です。また大東亜戦争の初期に、当時占領していたイギリス、オランダ、アメリカ等を日本が駆逐したことが戦後のアジア諸国の独立につながった歴史があり、当時日本はアジア諸国を侵略し、住民を殺害した等のことはありません。

  東京裁判で、日本は南京虐殺やアジアの侵略で無辜の国民を殺害したと言っているのは、アメリカが行った2個の原爆投下や主要都市の無差別爆撃で日本国民を大量虐殺したことを隠すために、占領下という日本の主権が無く、自由な報道が許されていない時にアメリカが行った日本国民に対する極めて巧妙な洗脳教育です。その効果は現在に至っても継続しており、河野談話や、村山談話、菅総理日韓併合100年談話等につながっているのは、恐るべきアメリカの陰謀の結果です。

2.郷友連盟の主張
  郷友連盟は「誇りある日本の再生」を理念とし、「日本を守る意識の高揚」「国難に殉じられた英霊の顕彰」「日本の歴史と伝統の継承」を信条としている社会活動団体です。自民党政権時代には、防衛計画大綱策定時に防衛力の増強と南西諸島への陸上自衛隊の配備を提言しました。民主党政権になってからは、定住外国人への地方参政権付与法案への反対、夫婦別姓法案への反対、菅総理の日韓併合100周年談話発表への反対、尖閣問題への対処等の提言を総理大臣ほか関係閣僚と各党党首に発信しました。今年は、来年度から4年間にわたり使用される教科書が採択される年であるため、各地の教育委員会で閲覧されている歴史・公民の教科書について、閲覧熟読し、文科省の検定に合格している教科書会社7社のうち、学習指導要領に沿った内容となっている、自由社と育鵬社の教科書を採択するように、各地区、各市の教育長及び各市議会の教育部会長に対して要望書を提出しました。

3.郷友連盟の進むべき道  郷友連盟は、一般市民の方をお誘いし、年2回自衛隊研修を行っています。研修では、国を守る自衛隊の現況の説明を受け、参加者の国を守る意識の高揚を図っており、参加者から好評を得ております。今後は、郷友連盟の活動を更に一般の市民の方に伝える広報活動を強化し、日本人としての誇りや日本の歴史・伝統を将来に引き継ぐ活動の輪を広げていきたいと考えています。また友好団体の隊友会や自衛隊父兄会、各基地・各部隊のOB会等との連携を強化して、日本人としての誇りや絆を高めていく活動を強化したいとも思っています。また郷友連盟は、福岡県選挙管理委員会に届け出をしている政治団体でもあります。次の国政選挙においては、佐藤正久参議院議員や衆議院議員選挙における保守の候補者を応援し、国会の場に我々の主張を実現してくれる候補者を送り込む活動をしていきます。皆様方の郷友連盟に対します、更なる応援やご支援を切にお願い申し上げます。

以上
一押し協力願います
↓↓ ↓ ↓↓↓↓

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

会員募集

福岡県郷友連盟 入会案内
福岡県郷友連盟の会員構成は、以前は旧軍人が主体でしたが、平成に入ってからは幅広く「志ある国民」に呼びかけ、郷友連盟の信条活動に賛同され「誇りある日本の再生」を目標とした国民運動を共に展開する為、新規会員の勧誘を行っています。
職業、年齢、性別一切問いません。祖国再生のため、小さな取り組みを始めて下さる方、お待ちしています。