台湾親善訪問についてのご挨拶


 平成24年12月10日から12日までの間、福岡県郷友連盟が企画しました台湾親善訪問(李登輝閣下表敬)に32名の方が応募して頂き、地元福岡のみならず、東京、千葉、石川、鹿児島、大分等からも参加して頂きましたことに、心よりお礼申し上げます。
 ご承知のことと存じますが、台湾は1895年(明治28年)日清戦争後の下関条約によって清朝から日本に割譲されたものです。清朝統治以前の台湾はスペイン、オランダや「反清復明」を掲げる鄭成功による地域的短期的な統治を受けましたが、過酷な国土、風土病が蔓延する「瘴癘の地」という厳しい自然環境と、容易に権力に屈さない戦闘的な先住民族の存在から撤退した経緯がありました。その後清朝が福建省の一部としますが、日本が統治を始めた1895年以降、日本国内もまだまだ貧しく発展途上の状態の中、台湾統治のため、台湾総督府が置かれ、地方行政区を定め、経済、教育、交通、水利事業、社会改革事業等を日本の莫大な予算を投入して行われました。この結果、清朝が中華文明の外にある「化外の地」「三年小乱・5年大乱」の地として持て余しほとんど未開のまま放置していた台湾を、日本政府は内地法を適用される「内地延長主義」を採り、近代国家として発展させました。
 その中のいくつかを紹介しますと、歴代総督には、樺山資紀、桂太郎、乃木希典、児玉源太郎、明石元二郎、佐久間左馬太等の当代一流の中将以上の軍人を充て統治に当たらせました。行政区域を定め、元々台湾には交通という概念がありませんでしたので、そこに莫大な予算を投入して道路網、鉄道網、駅舎、港湾施設等を建設していきました。農業においては、主食はイモや赤米(小さくてまずい米)だったのを、磯永吉博士、末永仁技師の名コンビで12年の歳月を要して「蓬莱米」(現在の台湾でも栽培、輸出されている)を開発し米の大輸出国にまでなりました。新渡戸稲造博士の製糖業の大改革により、砂糖の大生産地にもなり、台湾は「飢餓の島」から『一大食料輸出基地』にまでなりました。教育では、日本語教育を徹底し、教育制度を作り、小(公)学校、中学校、師範学校、医学校、帝国大学等を創設しました。台湾総督府医学校は、漢人系の学生を対象とした極東で唯一の医学校でした。その他郵便事業、電信事業、電話の導入等を図り、1896年から1902年のわずか6年間で一般大衆向け郵便局87局を開設し郵便事業の普及を図りました。
 その後1945年までの50年間が日本が台湾を統治した期間ですが、産業も道路、鉄道、上下水道、港湾等もなかった未開の島が近代的な島に変貌しました。世界の歴史をひもとき、他国に行き、他国を統治して、これほどまでにその国の発展に寄与した国は、日本を除いてあるでしょうか。
 
 今回の台湾訪問は、日本統治下の教育を受け、22歳まで日本人として育ったと公言される親日の元台湾総統李登輝閣下との会見を主目的に、日本人が台湾の発展に貢献した場所や顕彰碑等を訪れ、昔の日本人がいかに優れていたのか、現代の日本において、我々は何をなすべきなのかを学ぶ研修と考えています。どうか本訪問団ご参加の皆さま、事前にある程度台湾の歴史等を調べて頂いて、成果のある研修旅行にしたいと考えております。 皆様とお会いできますことを楽しみにしております。

平成24年10月30日
福岡県郷友連盟台湾親善訪問団団長
福岡県郷友連盟会長
吉 田 邦 雄
一押し協力願います
↓↓ ↓ ↓↓↓↓

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります!



この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

郷友福岡 入会案内

福岡県郷友連盟の会員構成は、以前は旧軍人が主体でしたが、平成に入ってからは幅広く「志ある国民」に呼びかけ、郷友連盟の信条活動に賛同される方々と「誇りある日本の再生」を目標とした国民運動を共に展開する為、新規会員の勧誘を行っています。

職業、年齢、性別一切問いません。祖国再生のため、小さな取り組みを始めて下さる方、お待ちしています。

会員になる!

おすすめ

かざぐるま


yuseido.jpg


sekikagu-banner.png


自らの身は顧みず
4898311288
田母神 俊雄


誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係
photo


神武天皇東征記 CD版電子書籍

「神武天皇東征記 CD版電子書籍」は「誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係」の写真カラーバージョンです。希望される方はinfo@fukuoka.goyu.jpまで郵送先をご連絡下さい。郵送料込み1,000円でお渡しいたします。


メールアドレスをお持ちの会員の皆さまへ! 会員の方々で双方向の情報交換を目的として「郷友福岡ネット」を立ち上げております。登録を希望される方は info@fukuoka.goyu.jp までご連絡下さい。


日本の核論議はこれだ―新たな核脅威下における日本の国防政策への提言
郷友総合研究所

4886563171

関連商品